実際の体験談をご紹介

キャバクラの借金200万を減額できました。(男性/40代)

男性/40代

まさか、自分がこんな借金まみれになるとは思わず、辛い日々が続いた話をします。

私は40代後半の男性で、営業の仕事に移ってから5年が経ちました。
元々人と話すのはそんなに苦手ではないのですが、慣れない営業の仕事はストレスだらけでした。

そんなある日、ストレス発散のためにキャバクラにはまってしまったのです。

そこで出会った20代の女性はとても可愛くて明るくて、私は年甲斐もなく彼女にゾッコンになりました。
ほぼ毎日のようにキャバクラに通い、彼女を指名し続けました。

そして、キャバクラ代に加えて、プレゼント代や食事代などかなり費用がかさみました。

貯金もほとんど底をつき、やがて消費者金融でお金を借りるようになりました。
一応、正社員の営業職ですからお金はすんなりと借りることができました。

彼女にお金を使えば使うほど喜ばれたので、もう狂ったように借金を繰り返してしまったのです。

そして、ある日気づけば借金が200万に膨れ上がっていることに気づきました。
彼女にそのことを話して、お金を貸してもらえないかと相談したところ、見事に捨てられました。

「あなたとはもう二度と会いたくない。」とまで言われてしまいました…。

そんな失意の中、私が出会ったのが街角相談所-法律-という無料の借金相談サービスでした。
そこで今の状況を正直に話したところ、債務整理をした方がいいねと勧められました。

その後は弁護士の先生の元、本格的に手続きをして、最終的に借金を5分の1まで減額することができました。

今は借金を返すために仕事を今まで以上に頑張っています。あの時、無料相談サービスを利用して本当に良かったです。

街角相談所-法律-

街角相談所-法律-
  • 簡単な質問に答えると、どれくらい借金が減額されるかが分かる
  • 実名や住所を一切知らせることなく、誰にもバレずに無料診断できる
  • 全国各地から自分に最適な法律事務所を見つけられるので便利

その他の体験談

債務整理は怖くない!無料の相談もあります

借金の返済が困難になると、弁護士に債務整理をするのが良いと言われています。

しかし、分かっていてもなかなか、他人に自分の借金の相談をするというのは敷居が高いものです。
どう相談すればいいのか分からず、借金を放置してしまっている人も多いでしょう。

そこで、債務整理の相談の流れや手続きの種類、準備しておくべきことなどを紹介していきます。

借金は放置すると、悪化する可能性大

借金というのは、気が付かないうちに膨らんでいることが多いです。

一度の借入額がそれほど大きくなくても、利息がどんどん膨らんでいきますので、
いつの間にか返せないほどの額になっていることも珍しくありません。

現在では、利息制限法という法律に準じた金利で貸し付けを行っていますが、それでも金利は年15~20%近いです。

例えば、100万円借金をして一年放置しておくと、15万円も利息が付くことになります。

毎月少しずつ借入をしていると、借入総額に高い利率の利息が付いていき、
その合計額にさらに利息が加算されていくため、あっという間に借入総額が増えています。

このような状況では、放置していても改善するどころか、悪化の一途をたどるばかりです。

最初は返済できる金額であっても、借入額が増えるにしたがって月数万円ずつ返さなければならなくなり、
滞納すると利息より高利な損害金がついてしまいます。

そのため、借金が増えすぎたと感じたら、早めに専門家のもとに相談に行き、しかるべき対処をとるのがベストです。

相談の流れ

債務整理の相談は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に予約を入れます。

電話やメールなどで予約を入れて、指定された日時に請求書などの借入に関する資料や、
借入先のリストなどの資料を持って相談に行く流れです。

相談は街角相談所-法律-のように、債務整理や過払い金に関する内容ならば無料というところもありますし、
手続きを依頼すれば無料になるケースもあります。

一般的には、弁護士の相談料は30分あたり5,000円前後と言われています。

相談ではどこから借金をしているか、借入理由は何か、借入残高や借入期間などについても覚えている範囲で質問に答えます。

返済できるかどうかを確認するため、自身の収入や毎月の生活費などについても聞かれますので、
おおよその家計についても確認しておきましょう。

ヒアリングの後は、弁護士がこのケースで取るべき債務整理の方法について説明をしてくれます。

それぞれにメリットやデメリットなども教えてもらえますので、自分に合った解決法を選びましょう。
その場で判断しなくても、後から方針を決めることも可能です。

債務整理の選択肢

債務整理の選択肢は、借金の額や返済能力、本人の希望、借金をした理由などによって変化します。

例えば、借金が大きすぎて到底返済できない場合には、自己破産で借金を全額免除してもらうか、
個人再生で借金を大幅に減らして返済するという方法を選ぶのが一般的です。

長い間借入をしており、利息が高すぎて返済が難しいという場合には、任意整理で利息を減らして返済するという方法もあります。

また、利息制限法による上限金利が決められていなかったころから借金をしていた人は、
気が付かないうちに借金を全額完済しており、払う必要のないお金まで払い続けている可能性が考えられます。

この場合には、任意の交渉や訴訟などで過払い金の返還請求をすることが可能です。

過払い金が高額であれば、借金がなくなるだけでなく、
弁護士への報酬を支払ってもまだ自分の手元に高額のお金が入ってくる可能性があります。

ただし、この手続きは最後の取引日から10年以内に行わなければ時効になりますので、注意が必要です。

手続きの代行も依頼可能

債務整理の手続きは自分で行うこともできますが、悪賢い業者と直接交渉するのは難しいですし、
訴訟をするとなると書類の作成や裁判所への出頭など手間が増えてしまいます。

そのため、多くの人は相談に行った弁護士などの専門家に手続きの代行も依頼します

ちなみに、簡裁代理権を持っている司法書士であれば、
140万円までの請求ならば書類作成と訴訟の代理人、どちらも依頼可能です。

この金額を超えると地方裁判所の管轄になりますので、訴状などの書類作成しか依頼できません。

一方、弁護士は金額や裁判所に関係なく、どのような法的手続きも代行してもらえます。

その代り、司法書士よりも費用が高額になる傾向がありますので、
依頼するときには費用の見積もりを出してもらってから判断したほうが良いでしょう。

まずは無料の相談サービスを利用しよう

借金に関する相談は、債務者本人にとっては恥ずかしくて相談できない、わざわざ出かけたり、
相談料を払ったりしてまで話をするのが面倒くさいなど後回しにしてしまいがちです。

しかし、専門家は債務整理の相談を年に何件も受けていますので、本人が気にしているほど驚いたりあきれたりすることはありません。

相談者の状況に応じて、適切な手続きの方法を説明してくれるだけでなく、
手続き後の生活の立て直しや借金との付き合いに関しても色々なアドバイスが受けられるでしょう。

また、相談料に関しても、各事務所で条件によって無料で相談を受け付けていることがありますし、
弁護士会や自治体などが主催する法律相談会では、予約制で無料相談を行っています。

どの専門家に相談すればよいのかわからないという場合には、
街角相談所-法律-などの無料相談サービスを利用すれば、債務整理に強い専門家を紹介してもらえます。

このような不定期の相談会や相談サービスなどを探してみれば、手間や費用をかけずに借金問題の相談ができるところはたくさんありますし、
報酬の支払いについても、分割払いに対応しているところも見つかるでしょう。

債務整理の相談はお早めに

このように、専門家への相談や手続きの依頼はそれほど難しいものではありません

手続き自体もほとんど弁護士が代行してくれますので、忙しい人でも安心です。
借金は放置しておくと利息が膨らむ一方ですし、高額の借入になると債務整理の選択肢もどんどん減っていきます。

返済が困難だと思ったら、街角相談所-法律-の無料相談サービスを早めに利用しましょう。