自己破産をして、今は静かに暮らしています。(男性/40代)

男性/40代

私は40代の男性で、ごく普通の会社員として働いている者です。

実は今から数年前、友人にお金を貸すため、消費者金融を利用して自己破産したことがあります。
事の発端は、飲食店を経営している友人からお金を貸して欲しいと頼まれたことからです。

その友人は若い頃から頑張って努力して、飲食店の経営を成功させた人でした。

本人の話によれば、最近、客足が減ってしまい赤字続きになっているとのことでした。

そのため、毎月の仕入れや従業員への給与の支払いが滞り、
経営が上手く回らなくなってしまったというのです。

それで、「できれば300万円ほど貸してもらえないか」と頼まれたのがきっかけです。

私はもともと人の頼みを断れない性格で、経営に苦しんでいる友人を見捨てることができませんでした。
その結果、自分の貯金を切り崩した上に消費者金融からも借金をしてしまったのです。

今思えば、本当にバカなことをしたと反省しています。

友人はすぐにお金を返してくれると言ったのですが、連絡はなく、数ヵ月後に逃げられたことに気づきました。

それで、会社からもらえる給料で借金の支払いをしていたものの、
だんだんと苦しくなって、借金取りに追われることになってしまいました。

同僚に思い切って現状を打ち明けた所、借金相談カフェでの無料相談を勧められたのです。

弁護士にこれまでの経緯を話して、借金の支払い明細書を見てもらうと、
自己破産をして人生の再出発をした方がいいとアドバイスをもらいました。

弁護士が言うには、私の生活状況と現在稼いでいる給与では返済する能力がなく、
自己破産が一番の解決法だと言うことでした。

そこで、弁護士にすべての自己破産の手続きと交渉を依頼して、トラブルを解消することができました。

現在は借金取りに追われることもなく、日常生活を平穏に送れて満足しています。

借金の悩みを解決したい方はこちら